もしよろしければgoogle+をポッチとしてくれると嬉しいです

竜巻に対する保障

昨日、つくば市で発生した竜巻は大きな被害を出しています。被害に遭われた皆様に心からお見舞い申し上げます。

実は、私が以前宮崎に住んでいたときに、近隣の延岡市でも竜巻が発生しました。この竜巻は電車をなぎ倒し、住宅も飛ばしていました。竜巻の通ったルートはすべて破壊されていました。その威力に本当にビックリしました。被災者の方々はその後の生活再建は大変だったようです。

こんな時ほど保険による保障があれば経済的な問題からは解放されます。まさに備えあれば憂いなしと言う事でしょう。

火災保険では

私のお客様にも茨城県の在住の方がおられましたので直ちに電話で安否の確認を致しました。お客樣方は、竜巻の被災地より離れていたこともあり被害もなくホッといたしました。正直、今まで竜巻の被害の保険対応など考えた事もありませんでした。しかし、地球温暖化の影響でしょうか、いつどんな自然災害にあるかわからないで、保険の事は考えておく事が大切ですね。

そこで本題の『竜巻にあったら火災保険でるの?』。実際に昨日からこの種のご相談を多数うけておいります。

答えとしては、「竜巻は風災に当たる」ので通常は大丈夫だと思われます。

大事な注意点は最後にあります

しかし・・・

実は、火災保険の保険料は「風災」と「水災害」の対応保険料が大きな割合となっています。この2つを取り除くと保険料はかなり安くなるし、最近そういった記事も良く見かけます。

しかし名前は火災保険ですが、保険金としての支払で1番利用するのは『風災』なのです。安易に保険料だけで安い契約内容を選ぶと、実際に保険金が必要な時に保障されないことがあります。

あくまでも使うことが前提の火災保険です。多くの方は、契約時にちょっと見ただけの保険契約の内容でしょう。どうですこの機会に1度保障内容に関して考えてみるとよいと思います。

保険の相談をお受けしていて感じるのは、常にご自身の保険内容を確認されていないために、本当に必要な時に保険金を受け取れない事。見直しをご検討されたい方は文末のお問い合わせの方からご連絡をお待ち致しております。初回相談は無料ですので。

保険会社に確認を

最後に保険会社の保険契約に関する説明内容に関してお話し致します。

例えば、損保ジャパンのHPを見ると竜巻に関して『事故状況などにもよりますが、建物または家財一式を保険の対象とした場合は、ベーシック型、スリム型どのプランでご契約いただいても補償されます。』となっています。これでは普通の方はわかりませんよね、

注意点

なお、保険会社によっては20万円以上被害があると被害額が出ますが、20万円に満たないと出ない保険もありますのでご注意ください。

その他の竜巻と保険の記事もどうぞお読みください。

TOPにも様々な記事があります。
保険は大切だとおもった方はご覧ください

保険の見直し相談はこちらをどうぞ

お気軽にご相談下さい(相談無料)

 

リンクご希望の方はこちらからお問い合わせ下さい

 

Comments are closed.