厳しさがます日本の未来

日本経済は右肩上がりの成長が終わり、徐々に経済は収縮してきています。
また、少子高齢化はさらに進み、円高も78円台と日本を取り巻く環境は厳しさが露見しています。

それと共に金融の常識も変わらないと家計はついていきません。
なぜなら年金という老後不安も抱えているからです。

家計管理の大切さ

厳しさをます日本の環境の中で未だに変わり切れていないのが生命保険や投資と言った金融商品です。

今のように生命保険料に多大なお金を払い、住宅ローンを35年払いで70歳をこえて支払いが終わるのでは

お子様の教育資金やご自身の老後資金は大丈夫でしょうか

知るだけで解決できる保険料問題

わたしは皆様の家計に占める生命保険料が高く、損害保険料が低いのはおかしいと思っています。

日本の大手生命保険会社の商品が高いにもかかわらずかなりの割合の人が加入している。

生活していく上で本当に必要な保障はなんなのか?まずはそれを知って欲しいと思います。

そんなこと知らなかった。よく言われます。

家計は3人の働きが大切です。

1、収入をあげる・・・ お父さんのチカラ
2、節約力をあげる・・・ お母さんのチカラ
3、貯蓄力で殖やす・・・ お金が働くチカラ

この3人が力を合わせて家計力をアップさせることが重要です。

是非、生活にゆとりをもちつつ、ムリ・ムダ・ムラをなくし、必ずライフプランをたてた上でマネー管理しましょう。

家計は見る見るうちに変わります。

株式会社FPフェアトレード・ジャパン
代表取締役   永野  修

TOPはこちら ⇒ http://fpft.jp/